×

CorrigoProネットワークへようこそ!

よくある質問

取引先から招待メールを受け取りました。登録する方法は?

CorrigoProに関心をお持ちいただき、ありがとうございます。登録方法と取引先と接続する方法は以下のとおりです。

  • 受信したメールを開いて[今すぐ接続]リンクをクリックします。
  • CorrigoProを初めて使用する場合は、アカウントの作成手順が案内されます。
  • 既存のCorrigoProプロバイダーのお客様は、アカウントにログインして新しい接続を承認するよう求められます。

登録されると、今後のウェビナーなどの貴重なイベントへの招待状をお送りします。ウェビナーでは、CorrigoProを最大限に活用してビジネスの管理、マーケティング、お客様のビジネスを最大化する方法を学ぶことができます。

CorrigoProネットワークに参加する必要があるのはなぜですか?

CorrigoProプラットフォームを使ってCorrigoに接続すれば、お客様も取引先も成功が待っています。

CorrigoProは、既存のCorrigoの得意先につながるだけではありません。お客様のビジネスの管理、マーケティング、ビジネスの成長にとってもパワフルで使いやすいものとなっています。

Corrigoがプラットフォーム強化に投入した時間と資金の目的はお客様のサポートですが、さらにお客様の取引先のサポートにもそれと同等のものが投入されました。

CorrigoProメンバーシップを使用すると、Corrigoと接続済みでトップクラスのクォリティサービスを提供するサービスプロバイダーを探している他のCorrigoユーザーに表示されます。CorrigoProネットワークを含むCorrigoプラットフォームは、世界中の多数の最先端企業で働く100万人以上のユーザーから信頼を得ています。

CorrigoProに参加すると、CorrigoProのエキスパートチームとコンタクトできます。このチームは、お客様の接続をサポートし、簡単に移行できるように支援します。

支払いは現在と変わらず顧客が直接行うのでしょうか?

はい。CorrigoProに参加した後も、現在と同様に顧客が直接支払いを行います。

多くのサービスプロバイダーは、CorrigoProの電子請求プロセスにより、取引先からの支払いがスピードアップし、代金回収に費やす時間が減ったと認識しています。請求書の遺失や紛失、書類作業をなくすことで、時間を節約し、請求プロセスを合理化できます。

CorrigoProの使用方法についてのトレーニングビデオや個人用デモはどこで入手できますか?

CorrigoProネットワークに登録すると、トレーニングビデオのライブラリにアクセスできます。これでCorrigoProをすぐに使用できるようになります。また、作業オーダー処理を改善し、チームを強化するためのヒントやコツを学べます。それには、CorrigoPro Desktopにログインして、サポートセンターのアイコンをクリックするだけです。

このようなウェブベースの有益なトレーニングビデオをご覧いただくと、ビジネスの管理と成長に向けてすぐにCorrigoProを開始できます。

今後、弊社チームによるデモ用のウェビナーに参加したい場合は、招待状を送りますので、こちらまでお問い合わせください。

Corrigo Enterpriseの顧客の認知度を高めるにはどうしたらよいですか?

設備管理や不動産資産管理の顧客からなるCorrigoの大規模ネットワークでは、事業展開する市場で質の高い新たなサービスプロバイダーを常に求めています。こうした取引先でお客様を見つけることができるようにするには、CorrigoProプロフィールを完成させることが最初の重要なステップとなります。この登録用ビデオでは、プロセスを順を追って説明します。

すべての仕事で優れた顧客評価を維持することも重要です。見込み客は総合スコアを確認できるため、求める事業領域や市場で最高評価のサービスプロバイダーを好む傾向があります。

このスコアの重要な要素については、こちら(Corrigo.com)をご覧ください。

さらに、Corrigoは見込み客とつながるための主要なプログラム(スマートゾーン、CorrigoPro Requestアプリ、ReadyProなど)をご用意しています。プログラムの詳細については、以下をご覧ください。開始するにあたってサポートが必要な場合は、お問い合わせください。

CorrigoProから既存のソフトウェアに作業オーダーをエクスポートできますか?

はい。手作業でデータを複数のシステムに再入力する必要はなく、お客様が信頼する他のシステムにCorrigoProを接続できます。

CorrigoPro Directは、社内の作業オーダーツールとCorrigoProを接続する最も簡単な方法です。使い慣れた作業オーダーソフトウェアを柔軟に使用しながら、CorrigoProのすべてのメリットを活用できます。

請求書や請求書の品目をCorrigoPro Invoicingアプリにインポートするための請求書インポート機能もご利用になれます。

Corrigoのメールを受信できない場合はどうすればよいですか?

connect@corrigo.comをアドレス帳に追加すると、いつでもCorrigoProネットワークの顧客およびCorrigoからメールを受信できます。

Corrigoとその顧客、顧客の製品とサービスについて詳しく知るにはどうすればよいですか?

弊社の企業ウェブサイトwww.corrigo.comをご覧ください。

 

 

CorrigoProはビジネスの管理にどのように役立ちますか?

CorrigoProを使用すると、パワフルで使いやすいソフトウェアとモバイルアプリにアクセスして、小さなオーバーヘッドで顧客を管理できます。当社のモバイルアプリにより、作業オーダー管理と顧客とのコミュニケーション管理がもっと簡単になります。新しいジョブとリアルタイムのステータスの更新は、使いやすいオンラインポータル内で整理されて表示されます。電話連絡がとれない時間のムダや、山のような書類作業がなくなります。CorrigoPro Directによって、お客様の社内システムとのデータ交換も自動化できます。

CorrigoProは、チームのパフォーマンスに関するパワフルなインサイトを提供します。応答時間、作業オーダーの確認フィードバック、その他の顧客満足度の要素など、顧客がCorrigoから取得するデータと同じデータを取得できます。顧客、チーム、キャッシュフローをこれまで以上に管理できるようになります。

複数の取引先または所在地があります。CorrigoProアカウントを複数持つ必要がありますか?

すでにCorrigoクライアントをお持ちで、新しいクライアントを追加する場合、クライアントごとに個別のアカウントを設定する必要はありません。マスターアカウントを使って追加クライアントに接続するだけです。

自分の会社の所在地には、別の支店のアカウントを設定できます。サポートが必要な場合は、こちらまでお問い合わせください。

スマートゾーンは必要ですか?

接続済みのサービスプロバイダーはすべて、少なくとも1つのスマートゾーンを選択する必要があります。最初に選択したスマートゾーンは現在のCorrigoサブスクリプションに含まれ、追加費用は発生しません。

スマートゾーンを変更するにはどうすればよいですか?

このリンク(https://connect.corrigo.com/profile/serviceareas/index)にアクセスしてください。

スマートゾーンを変更した場合、その変更はいつ有効になりますか?

変更はすべて、即時ネットワークで適用されます。

CorrigoPro Direct

既存の作業オーダー管理システムがお気に入りであれば、そのままで問題ありません。CorrigoPro Directを使用すると、既存のシステムからCorrigoProネットワークに接続できます。今のシステムから別のシステムにデータを再入力する必要はありません。Corrigoプラットフォームのリアルタイムの作業オーダーデータを活用し、Corrigoの得意先へのサービス向上を実現してください。作業オーダーと得意先とのコミュニケーションを思うままに管理できます。1回の接続で、現在および将来の得意先をすべてサポートできます。

スマートゾーン

Corrigoのスマートゾーンを使用すると、サービスプロバイダーは、従来の地図上の境界線に拘束されることなく、さまざまなエリアで活動できます。事業概要を示して見込み客にアピールし、案件を獲得するチャンスです。全米には180のスマートゾーンがあるため、サービスプロバイダーとCorrigoの得意先がお互いの事業領域で相手を見つけるのは、ずっと簡単になりました。この結果、すべての事業対象エリアの得意先、見込み客から見た透明性は非常に高いものとなります。

ReadyPro

ReadyProは、見込み客を優位に立たせる保証レベルを提供します。高い顧客満足度、確立された顧客領域とサービスエリア、CorrigoProプラットフォームの習熟度、付随作業への即応性などをアピールしてください。ReadyProプログラムを利用すると、顧客が人気プロバイダーのポートフォリオを調査するときに選ばれる確率が高くなります。特に、新しくCorrigo Enterpriseを導入し、ネットワークを使い始めたばかりの顧客には有効です。

“Corrigoを使い始めたら、顧客すべてにCorrigoを使ってほしいと思われるでしょう。私は現在、顧客を移行させようとしています。作業オーダーでターンアラウンドの短縮が必要であれば、Corrigoの使用をお勧めします。”
— Frank Herrera氏; Atlas Backflow社(Corrigoの顧客の配管および逆流防止を担当)